季節ものの収納術

季節ものの収納術

季節ものの収納術 春夏秋冬がある日本ではその季節ごとに合った衣類に変更して生活します。例えばお布団においては季節ごとでシーツやカバー類などを変更するご家庭も少なくありません。また、洋服は季節ごとに合ったものを着るのが普通です。夏は気温が高く暑いため、半袖や半ズボンなどを日頃の生活で取り入れます。冬の季節は気温が夏に比べて低いため、厚手のパジャマ、下着にはヒートテック、外出する際にはコートとマフラーを身に付ける日本人は多いです。

このように季節に応じて生活に取り入れるものが異なるため、衣替えをします。衣替えをする時は季節に合わない洋服やシーツを、押入れやクローゼットに収納します。季節ものを収納する時は収納術を知っておくと管理がしやすく、収納スペースアップなどを期待できます。

季節ものの収納術のワンポイントとしては季節ごとに使い分けるシーツやカバーなどを小分けにして保存します。この際には収納ボックスを使用します。収納ボックスはインターネット通販や市販でも購入できます。小分けにしておくことで衣替えの際には目的の物を取りやすく、手間を省けます。また、この際のポイントとなるのが衣類圧縮袋を利用することです。シーツやカバーなどの衣類はまとまりにくく、収納スペースを比較的取ります。そのため、圧縮袋を使用しない状態で保管をするとスペースを取り、全てのシーツやカバーを保管できなくなる恐れがあります。圧縮袋を使用すれば空気を取り除きシーツをまとめることができるため、省スペース化を実現できます。また、季節ものを保管する収納ボックスの表面にラベルを貼ります。ラベルを貼ることでどの季節のものが保管されているのか一目で把握できます。

季節ものの収納術に関するその他のワンポイントとしては、洋服を保管を工夫することです。シーズンオフの洋服は先程も述べたように押入れなどに保管しますが、この際には収納ボックスを使用します。収納ボックスに衣服を入れる時は洋服を立てた状態で保管します。洋服を立てることで省スペースを実現できます。もし洋服の量が多いご家庭ではタフキャリーなどを購入します。

収納術を知っておけば収納スペースを多く確保することができ、衣替えの時に活用できます。1年に2度または3度、季節ものの収納機会があるため、効率的かつ丁寧に保管しましょう。上記では季節ものの収納術について紹介しましたが、その他にも収納場所の決め方などの収納術について紹介します。

トピックス

  • [2017年02月17日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月17日]
    運営者情報を追加しました。